AMIMOTO.AMIハンズオン!![設置編]

AMIMOTO.AMI

慣れたら5分もかかりません!!って事でスタート!
管理コンソールにログインして困ったらとりあえず左上の四角いアイコンをクリック!42ec551a336d618371a03a3084ff4ae9

    1. まずEC2インスタンスを設置したいリージョンを選びます。(今回はTokyoを選択)
      これは、アクセスするユーザーが多い国から近い所を選びます。
      f055f20cd34403e7069c22d76656eb5c
    2.  サービス一覧から”EC2 Virtual Servers in the Cloud”を選択08bdc3520afc8475e22b2c1bf1fbe5e3
    3. “Launch Instance”をクリック1f93fb3da6818cf4fdc120a630beba79
    4. AWS Marketplace をクリックして検索窓に”amimoto”を入れて検索
      e855b21bf0e75b7a64795d846714ec39
    5. 検索結果に2つ出ますが普通の方のAMIMOTOの”Select”をクリック
      10183ffc6c8f0e1743f7afcd15e09473
    6. 初めてAMIMOTOを使う場合はライセンス&サーバー費用等が表示されるので確認
      6f5ad6b419b6edaae9edb494abda0045
    7. インスタンスタイプを選択”t1.micro”を選択して”Review and Launch” をクリック
      2f82a8a03b5a21d61337503f43dc7aed
    8. もろもろ確認画面が出ます。真ん中あたりの”Security Groups”で以下の2つが表示されている事を確認
      • HTTP TCP 80
      • SSH TCP 22
        bb51abcb858dbbce1affdbb94732acb8
    9. カギの作成
      ce4a6de688bc592c925ace489382d9d7
      “Create a new key pair”を選択
      f4da412f37c4519fb051de6b968d6c2e
    10. 名前を付けて”Download Key Pair”をクリックすると
      ”さっきつけた名前.pem”ファイルがダウンロードされます。
      744258bda5f9d0781c30b31ac700fbd8このファイルを無くすとEC2インスタンスにログインできなくなるので大事に保管
    11. キーファイルをダウンロードすると“Launch Instances” がクリックできるようになるのでクリック!
      b13b67968b684be8602f8a4acd8f32c1
    12. これでインスタンスが作成されます!グルグル〜〜〜グルグルします。
      Screen Shot 2014-06-23 at 11.25.41
    13. 少しするとめでたく完了!!!a2b53bfeefc23e3419f7c2ad91d6e798
    14. EC2管理コンソールに戻ると”Instance State”が緑色になっていれば起動中
      “Status Checks”が”Initialize”の時は初期化中なので完了までしばし待ちます
      2e9d0207b98285960be0cd083b251ddc
    15. ここで管理し易いようにインスタンスに名前を付けておきます。
      dca2c2e6b1db50ffe1674ca0e208497b
      こんな風に日本語もOKです^^
      75388e274366626842b488d869861574
    16. ここでpublic DNSのアドレスでアクセスするとWordPressのインストール画面が見れます
      129f2c8c1823d0b47d3758e9bd60bcf4
      ブラウザにアドレスをコピペすると、あの有名な”5分間インストール”の画面が見れます^^2406975cd4dacdb0504c9c723a0c1221

      独自ドメインで運用予定の方は、このアドレスでインストールを終えてしまうとややこしい事になるので
      インストールしたい気持ちをグッとこらえて、Elastic IPを振って自前ドメインのAレコードに設定しましょう!

    17. Elastic IPの設定を行います
      06d2769c70cd480fba88d19fdd706acf
    18. “Allocate New Address”をクリックしてIPアドレスを発行
      63034ae397065b5fcd7330b27df99e04
      確認画面はもちろん”Yes,Allocate”
      94bc797096eae69b91e7d30267ec421b
      するとアドレスが発行されます。
      2ff6e750e51b22e91ad1d4d4db533081
    19. 続いて、発行されたアドレスを先ほどのEC2インスタンスに紐づけます
      “Associate Address”をクリック
      c21b535001ae0846f134fe95ab0a54f8
    20. “Instance”のテキストボックスをクリックすると候補のインスタンスが表示されるので
      先ほど付けた名前のインスタンスを選択して”Associate”をクリック
      2728d421dab23891a12cc994907bceec
    21. アドレスの紐付け完了!
      77e1f94b5f8e9424280e1d273f15ad58
    22. 上記で発行されたアドレスをお持ちのドメインのAレコードに設定してから、”5分間インストール”を実行すればOKです。

      インスタンス1台に対して1つのElastic IPは無料ですが、紐づけないまま放置したり 1台のインスタンスに対して複数のIPアドレスを付与する際は別途料金がかかります。

続いては→AMIMOTO.AMIハンズオン!![バックアップ編]