Intel、セキュリティソフトェアの「McAfee」を76億8,000万ドルで買収

Intelが、セキュリティソフトウェアの「McAfee」を76億8,000万ドルで買収すると発表しています。

買収の目的として、ATM、携帯電話、TV、医療機器など何十億ものデバイスが、インターネット接続を想定してはいないため、セキュリティの脅威に弱く、そうした製品を強化する目的だと説明しています。

リンク

IntelのCore iシリーズプロセッサは、暗号化命令「AES-NI」に対応しており、ハードウェアとソフトウェアによる開発を促進する目的があるものと予想されまます。