CPI Smart Releaseで簡単にDB複製できました!

Smart Release 1

本番リリース後、テストサイト用にDBを作る場合、テスト環境を本番適用時に別DBを使用する際にもお手軽でした。
通常だと、

  1. 本番DBデータをバックアップ
  2. バックアップダウンロード
  3. テスト用のDB作成
  4. テスト用のDBに”1”でバックアップしたデータをリストア

DBファイルサイズが大きいとサーバの仕様によってはエラーが起きる事があるため面倒なのですが、”Smart Release”だとブラウザの操作だけでデータ操作を行わずにお手軽にテスト環境を作る事が出来ます。

以下簡単に手順をまとめてみました。

Smart Release上でDBを手動バックアップ

  1. Smart Release 1
  2. Smart Release 2
  3. Smart Release 3
  4. Smart Release 4

テスト用のDB作成

  1. Smart Release 6
  2. Smart Release 7

バックアップDBデータを別DBにリストア

  1. Smart Release 1
  2. Smart Release 2
  3. Smart Release 3
  4. Smart Release 8
  5. ここで先ほど作ったテスト用DBを選択し”リストア”を行う
    Smart Release 9